結婚式のヒロインである花嫁に感動してもらうための演出はどうするべき?

人前式で最愛の人に気持ちを伝えよう

結婚式は、女性にとって人生の中で自分が必ず主役になれる貴重な日です。普段愛する女性に気持ちを素直に伝えられない人は、結婚式という特殊な空間の力を借りて愛情を表現してみてはいかがでしょうか。言葉にしなくても伝わる気持ちもありますが、時には言葉で直接愛情を示すことも大事なのです。挙式のスタイルには、正統派の教会式や神社式など色々ありますよね。このうち、新郎が最愛の女性への気持ちを表現するのに適しているのは、やはり自由度が最も高い人前式なのではないでしょうか。挙式の時間も演出の数もすべて自分たち次第なので、花嫁向けの演出をいっぱい詰め込めますよ。

新郎が積極的に動く演出が素敵!

花嫁を感動させるためには、新郎自らが演出に関わっていく必要があります。少し恥ずかしいかもしれませんが、結婚式の日だけは大胆になってもいいのではないでしょうか。まずおすすめなのが、二人の恋愛のクライマックスでもあるプロポーズの再現シーンです。話でどんな内容だったか聞いているゲストがいてもおかしくはありませんが、新郎新婦自らが再現する姿を見る機会ってこういう時しかありませんよね。愛情であふれた新郎新婦の姿を見せられるゲストもテンションが上がるので、挙式を盛り上げたい時にもいいですよ。ロマンチックさを出したいなら、ゲストから花を一輪ずつ受け取って、新郎が自らその場でブーケを作るセレモニーもあります。ブーケが完成したら一輪だけ取って、自分のブートニアにしましょう。

鶴岡八幡宮で結婚式を挙げられるのは1日に1組だけです。歴史と伝統のある舞台、雅楽の演奏、観光客からの祝福、どれをとっても得難いもので、生涯忘れられない思い出になること間違いなしです。