伝統的な日本の挙式!神前式ができる式場とは

挙式スタイルのひとつ神前式

最近の日本の結婚式は大きく分けて4つのスタイルがあります。

キリスト教式とも呼ばれるチャペルで神に結婚を誓う教会式や、仏様やご先祖様の前で結婚の報告をする仏前式、また人前式は宗教にこだわらない自由な場所に集まった参列者が結婚の証人になるという挙式スタイル。

そして神前式は神社の神殿の前でおこなう、伝統的な日本の挙式スタイルです。

日本伝統の神前式の魅力

厳かで格調高い雰囲気のある神前式は、多くの場合両家の親族のみが参列します。結婚する本人同士だけでなく家同士の結びつきも大事にしたいと考える人に向く結婚式です。親世代や年配の親族に好まれることも多いでしょう。

新郎は紋付袴・新婦は白無垢や色打掛など、ふだん縁がないという人も日本伝統の和装を着ることができる、またとない機会です。

神殿ならではの凛とした空気感があり、身が引き締まるような体験ができるほか、巫女の舞や演奏される雅楽器の音色など風情があります。

神前式ができる式場とは

日本伝統のスタイルの挙式・神前式ができる式場には各地の神社がまず挙げられますが、必ずしも神社でなくてはできないというものではありません。神殿のあるホテルや専門式場でも神前式を挙げることができ、神社での挙式が難しい場合には、これらが便利です。

特にホテルや専門式場である必要がないのであれば、自然の中で厳かな空気感を感じることのできる神社で挙式をするとよいでしょう。

新郎新婦の住まいに近い神社なら、お宮参りや七五三など人生の節目ごとに通うこともでき、遠方の大きな神社ならその場所ならではの雰囲気を味わえ思い出に残る式となるはずです。

式場選びで気になる会場の雰囲気!親族、友人とあたたかい式をあげるなら、レトロな雰囲気の京都の結婚式場がぴったり!